蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

「フツー」って、何?

 『だいじょうぶ3組』(乙武洋匡/著)

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A0%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%B63%E7%B5%84-%E4%B9%99%E6%AD%A6-%E6%B4%8B%E5%8C%A1/dp/4062162997


=============================


「『優作、覚えてるか?
オレ、担任の岩本に頼みに行ったんだよ。
職員室まで行って。

『明日の学級会、校庭に出て、桜の下でやらせてください』
って』

『岩本、何だって?』

『それが、つまんない答えでさ。
『よく考えてみろ。フツーに考えてムリだろ』
って』

『まあ、岩本らしい答えだな』

『でもさ、それ以来、オレのなかでずっと
引っかかってたんだよな。
なんでフツーに考えてムリなんだろうって』

『それはさ、こう、いろいろと……
んー、何でだろう』

『な。べつに学校の敷地内だし、
雨さえ降ってなきゃかまわないと思うんだ。
そう考えると、世の中、“フツー”がじゃましてる
ことって、いっぱいあると思わないか。
フツーはしないからダメ。
フツーはこうだから、こうしなさい』

白石は、赤尾の言うとおりかもしれないな、
と思いながら耳をかたむけていた。

『オレは、他人から見れば重度の障害者。
だから、『障害者は、フツーこうだ』っていう
世間の決めつけに縛られてたら、何もできなくなる。
そう思わないか。
だって、フツー、車いすに乗った障害者が
小学校で先生やるか?』

『やらない』

白石は、素直に笑った。

『だろ。
どうせ、スタートラインからフツーじゃないんだ。
だから、オレの教師生活、“フツー”をものさしに
することはやめようと思って。
子どものためになるのか、ならないのか、
それを第一に考えていこうと思ってさ』」


=============================



そういえば「フツー」とか「フツーじゃない」
とかっていう議論、身近なところで、
たくさんありますよね。

「健常者」「障害者」というくくりで考えたり、
健常者の特権とか、障害者の聖域とかというくくり。
それが邪魔して、本当の絆ができていなかったり。

障害者雇用枠で雇用された障害者は、
“職場内障害者授産施設”に閉じ込めるのが
フツーだと思っていたり…。

でも本当にそれがフツーのことならば、
何で当事者が「おかしい」「ヘンだ」と、
疑問に思うだろうか。
[PR]
by bunbun6610 | 2013-03-26 18:00 | だいじょうぶ3組