蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

難聴者の仕事の悩み

当ブログの

『身体障害者手帳のない聴覚障害者(難聴者)は、どうやって就職するのか?』
〔2013-01-16 18:00〕


という記事は、非常にアクセスが多い記事です。
隠れた問題であることは間違いないと思います。


障害者手帳が取得できない軽・中度難聴者の悩み解消の、
決定的な手がかりになるものは、まだありません。
たとえ有能な難聴労働者であっても、
これでは大幅に職域を狭めてしまうことは
確実だと思います。

未だに有効な解決方法はありませんが、
最近では裁判所でも、いろんな違憲判決が
よく出されています。
ダウン症の人が成年後見人になると、
選挙権を失うというのは違憲だとか、
です。

それと同じように、もしも難聴者が集団で、
この問題の裁判を起こしたら、
どうなるでしょうか。

もしかしたら

「是正されなければならない状況だ」

という判決ぐらいにはなる可能性だって
あるように思うのです。

やるとしたら、やはり当事者団体と連携して、
国の責任問題として訴えるのかもしれませんが、
地域無料法律相談などを利用して、
弁護士とよく相談してみることだと思います。


『難聴者の仕事の悩み相談』

http://tkgb.jp/hard-of-hearing/open.html



===================================


http://mainichi.jp/select/news/20130314k0000e040186000c.html

成年後見制度:選挙権喪失は違憲 東京地裁判決
毎日新聞 2013年03月14日 13時52分
(最終更新 03月14日 18時51分)

 成年後見人が付くと選挙権を失う公職選挙法の規定は
法の下の平等などを保障した憲法に反するとして、
ダウン症で知的障害がある茨城県牛久市の名児耶匠
(なごや・たくみ)さん(50)が国に選挙権があることの
確認を求めた訴訟で、東京地裁は14日、
この規定を憲法に違反すると判断し、
訴えを認める判決を言い渡した。

同様の訴訟はさいたま、京都、札幌の各地裁で
起こされており、今回が初の司法判断。

 定塚(じょうづか)誠裁判長は

「選挙権を制限するやむを得ない理由があるとは
認められない」

と述べ、名児耶さんに対し

「どうぞ選挙権を行使して社会に参加してください」

などと語り掛けた。

 判決が確定すれば名児耶さんは投票できるようになる。
違憲を解消するには公選法の改正が求められることから、
昨年末の時点で成年後見人が付いている成年被後見人
約13万6000人(最高裁調べ)の選挙権にも影響を与える
可能性がある。

 判決は、在外邦人の投票を制限する公選法の規定を
違憲とした最高裁大法廷判決(05年9月)を引用。

今回問題となった規定が

「公正を確保しつつ投票を認めることが事実上不能か
著しく困難で、選挙権の制限がやむを得ない場合」

に当たるかどうかを判断した。

 投票には「物事の道理を理解する能力が必要」としたが、

「成年後見人を付ける際に審判で判断される財産の
管理能力と、投票能力は明らかに異なる」

と指摘。

「成年後見人が付いても投票能力のある人は少なからずいる」

とした。
 国側は

「投票能力を個別審査する制度の創設は不可能で、
成年後見制度を借用せざるを得ない」

と主張したが、判決は

「運用に困難が伴うからといって、一律に選挙権を奪うことが
『やむを得ない』とはいえない」

と批判した。

 さらに、障害者の自己決定を尊重し、通常の生活をする社会を
作る「ノーマライゼーション」という成年後見制度の理念を重視。

同様の理念に基づいて欧米で法改正が進んでいることに触れ

「選挙権を奪うことは制度の趣旨に反し、国際的な潮流にも反する」

と述べた。

【鈴木一生】



===================================

[PR]
by bunbun6610 | 2013-03-19 18:00 | 就労後の聴覚障害者問題B