ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

聴覚障害者を疑似体験する方法

健聴者が聴覚障害者を疑似体験してみる、
最も良い方法と思われるものは何だろうか?

ある方が書いた下の記事に、
それについて触れているものがあります。


http://ameblo.jp/bcs33/entry-10077772774.html


耳栓をしても、それは自分でしただけのことなので、
別に苦痛ではないのです。
耳栓をしたら聞こえなくなるのは当たり前のことなので、
苦痛に感じるはずがない。
それでは、聴覚障害者の疑似体験にはならない。

テレビのボリュームを絞ったって、それは同じ。
それは、本当の聴覚障害者ではありません。

音が聴こえないという、単なる「聴覚障害」の実験と、
人間の障害として起こる聴覚障害者の体験は、
決して同じではない。


聴覚障害者とは

「単に耳が聞こえなくなっただけの人」

とは、全く違うのです。
それは人間に起こることなのですから、
様々な影響があります。
耳栓などは、物理実験と変わりありません。

水の中に入ってみても、
健聴者は音声会話はできなくなります。
スキューバダイビングの世界がそうでしょう。
でも、ろう者たちは手話で話せるので全く平気です。
水の中では音声言語に依存する健聴者のほうが、
コミュニケーション障害に陥ります。
環境により、両者の立場は逆転するのです。
でもこれだって、やはり聴覚障害者の
コミュニケーション障害とは違います。


まだ手話も全く知らない健聴者ならば、
聴覚障害者団体主催の行事に出かけてみると
いいでしょう。
そうすると、ほとんどの健聴者が、皆嫌がって
行かなくなります。
でも、それが疑似体験になるのです。

「環境が変われば誰でも障害者になりうる」

という例になるでしょう。(※)


(※)当ブログ
『日本のダメな障害者雇用を変えろ!!』
〔2013-01-12 18:00〕

『強い国を作った「人を切らない」思想
“障害者集団”、スウェーデン・サムハルの驚愕(最終回)』
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090119/183071/

参照。


「環境が変われば、誰もが不自由な状況に置かれ、
誰でも障害者になり得る。
これは、裏を返せば、個人の差異は何も特別なことでは
ないということでもある。
障害を持つ。
それは特別視するようなことではない。」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090119/183071/


当ブログ
『障がいは、特別なものではない』
〔2011-10-13 21:22〕
参照。



そこでは、耳に頼った生活をしてきて、
手話も知らない健聴者のほうこそ、
障害者になるのです。

あなたはその手話を見ても、さっぱりわからないだろう。
手話で話すだけの、ろう者ばかりの世界で、
誰とも話せないだろう。
必要な情報を得ようとしても、いつものように、
容易にはできないだろう。

一体誰が、そこにいるろう者が障害者に見えるだろうか?
むしろ、そこではあなたのほうこそ、
コミュニケーション障害や
情報障害に陥っていないだろうか?

逆の立場に立たされて、初めて知ることもあるに違いない。
聴覚障害者バリアフリーを知れば、
自分で気がつかなかった聴覚障害者バリアの存在も
わかるはずです。
あなたから初めて見た、その異常な体験こそ、
聴覚障害者が日常で耐え続けている
生活風景なのです。

聴覚障害者の周囲には、健聴者がつくり出している
バリアもたくさんある、ということを、
自分の身をもって思い知らされることでしょう。

音が聞こえないから障害があるのではない。
音が聞こえなくても方法はあるのに、
そうした配慮をしなから、バリアがあるのだと知る。
それこそが聴覚障害の疑似体験になります。
そして、手話講習会でも、本気で手話通訳者を
目指す健聴者だけが残り、
その体験を通して手話を真剣に学ぶのです。

聴覚障害者バリアに挑むということは、
そういうことだと思う。
バリアを知らないで、バリアをなくす仕事が
できるわけがないだろう。
だから聞こえる人も、聞こえない世界とは
どういうことなのかを、
その疑似体験を通して知ります。

疑似体験といえども、ずっと関わっていく過程で
手話も覚えられないと、
その人にとってはかなり苦痛なものとなります。

私も、途中で手話学習を止めたことが何度もありました。
でも、なかなか覚えられなかったからこそ、
障害とはどういうものかが、わかるのだと思います。

その体験を通して、聴覚障害者の精神的苦痛を
幾らかでも知ることになり、
ようやく本当の聴覚障害者との関わり方を学ぶのです。
手話が出来るからといって、手話通訳者の試験に
合格できると思うのは間違いだそうです。

その疑似体験を一般の人でも、誰にでもできるのが、
毎年の「耳の日(3月3日)」に行われている、
耳の日文化祭でしょう。

東京では、今年は3月2(土)~3日(日)の
2日間に行われます。

 http://www.tonancyo.org/chirasi/121218miminohi1.pdf

健聴者で、これから聴覚障害者への手話通訳や
要約筆記通訳を学びたい方、福祉の仕事などを
されたいと思っている方、
聴覚障害者バリアフリー、聴覚障害者問題を
研究されている学生の方などは、
是非出かけてみて下さい。

社会にある本当の障害とは何か、わかることでしょう。

障害には二つあることに気づくでしょう。

耳の不自由など、誰にだっていずれは起こりうるものであって、
特別な障害ではないのです。
むしろ、そうした社会的弱者を排除するような傾向(差別)、
システムこそ、人間社会として異常だと認められます。

障害者のみならず、女性、老人、子どもまで含む、
あらゆる社会的弱者にやさしい社会とは、
どうあるべきかが、わかるでしょう。

国連・障害者権利条約がなぜ必要なのか、
わかることでしょう。

日本にも障害者差別禁止法がなぜ必要なのか、
わかることでしょう。



【その他の、疑似体験についての参考資料】

http://www.nise.go.jp/kenshuka/josa/kankobutsu/pub_f/f-137/f-137_9.pdf

http://zaq.ne.jp/users/hoshinositahe/article/9/

http://www.tsukuba-tech.ac.jp/repo/dspace/bitstream/10460/282/1/Tec02_0_24.pdf


【私がおすすめする本】
『言葉のない世界に生きた男』(A Man Without Words)
スーザン・シャラー(Susan Schaller)著 中村妙子訳
(1993年6月25日発行,晶文社)




〔参考記事〕

当ブログ
『「コミュニケーション力」とは』
〔2011-04-12 21:04〕




『コミュニケーションの神秘性』
〔2011-08-30 00:40〕






【追記】

『『聴覚障害者を疑似体験する方法』(補足説明)』
〔2016-11 -11 21:00〕

[PR]
by bunbun6610 | 2013-02-28 18:00 | 聴覚障害