ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

佐賀県の障害者雇用率、2年連続で全国1位

九州の佐賀県が、障害者雇用率、2年連続で全国1位、
との報道を発見しました。
法定雇用率達成企業も69.4%という、驚異的な数字です。

今年4月より、障害者雇用の法定雇用率が引き上げられます。

障害者も、企業の障害者差別に負けずに、今年は一層、
就職活動に頑張りましょう。


===================================


http://mainichi.jp/area/saga/news/20121227ddlk41100375000c.html


障害者雇用:法定雇用率達成 県内対象企業、69.4%の318社 
2年連続全国1位 /佐賀

毎日新聞 2012年12月27日 地方版

 佐賀労働局は、県内の障害者の雇用状況(6月1日)をまとめた。
障害者雇用10+件
促進法に基づく法定雇用率(1・8%)が適用される民間企業の
実雇用率は2・13%。
法定雇用率を達成した企業は69・4%に上り、
2年連続全国1位を記録した。

 同局によると、県内で法定雇用率の対象になる企業は458社。
このうち318社が達成。
全国平均の46・8%を大幅に上回った。
未達成企業のうち、一人も雇っていないのは77社だった。
同局は「毎年、ハローワーク担当者が未達成企業全社を
訪問して指導するなど、理解を求める活動が積み重なった結果」
と分析する。

 一方、2・1%の雇用率が課される県(県教委は2%)、
市町のうち、上峰町、伊万里・有田地区医療福祉組合、
多久市教委の3機関が未達成だった
(ただし多久市教委以外は今年10月に達成済み)。

 法定雇用率は、13年4月から、民間企業が1・8%から
2%に、国や地方自治体が2・1%から2・3%、
都道府県教委は2%から2・2%に引き上げられる。

また、民間企業の対象規模も56人以上から50人以上に
変更される。【蒔田備憲】

[PR]
by bunbun6610 | 2013-01-03 00:17 | 就労前の聴覚障害者問題A