マクドナルドからメニュー表が消えたら…

いつもの店員さんが接客してくれていたのに…。

マック・スタッフ(以下、スタッフ);「■△○▲×…(口をパクパク)」

私;「フィレオフィッシュ・コンビを下さい」

スタッフ;「■△○▲×…(口をパクパク)」

私;「ホットコーヒーで」

スタッフ;「■△○▲×…(口をパクパク)」

私;「店内で」

スタッフ;「■△○▲×…(口をパクパク)」

私;「砂糖、ミルクもお願いします」

スタッフ;「■△○▲×…(口をパクパク)」

すると、店員さんはなぜか、ツナマフィンコンビを用意してくれました。

私は一瞬

「えっ?! ツナ?!」


と言いました。
すると店員さんもびっくりして、
他の店員さんまで駆けつけてきました。
私は「悪いな」という気がしたので

「あ、わかりました」

と言って、ごまかしてしまいました。

やっぱり、違う品物が来てしまうことは、
たまにあります。

健聴者が聞き間違いをすることもあるなんて、
あまり信じられないと思うのですが、
やっぱりあるんですね。

安い買い物だったので、我慢しましたが、
もしも沢山買う時や、高額になる場合は、
遠慮してしまうかもしれません。

他に、聴覚障害者が不便というか、
買い物で苦労する体験談には、
店員さんやレジ係に合計代金を言われてもわからないので、
いつもそれよりも多く予測してお札を出して、
それで小銭がズンズン増えて財布が重くなる、
という話しも、昔は有名でした。

これも、聴覚障害者が「我慢する」という点では、
似ていますね。

これからは、どこでもコミュニケーション・バリアが
なくなっていってほしいと思います。

正直、メニュー表が消えたのは、やっぱり少し寂しい。


【関連記事】
当ブログ

『聴覚障害者がマクドナルドで注文する方法』
〔2012-11-29 18:00〕

『マクドナルドのレジからメニュー表が消えるって?!』
〔2012-10-02 23:26〕
[PR]

by bunbun6610 | 2012-12-05 18:00 | コミュニケーション能力
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line