ろう者施設と聴覚障害者施設の混同?

東京都聴覚障害者自立支援センター

http://www.jiritsu.deaf.to/modules/infra/

これなんかは、手話が出来ない聴覚障害者には、
やっぱり近づきがたい説明で、
やっぱりろう者施設なんじゃないか、と思う。

これが、なぜ聴覚障害者施設なのだろうか。

手話ばかりが強調されていると、
音声言語優先の健聴者社会と同様、
ここでも手話が出来る人優先社会になっているだろう、
と思うからです。

これが聴覚障害者対象の施設だなんて、
やはり非常に残念だ。

手話が出来ない聴覚障害者にとっては

「結局、ろう者のための施設なんじゃないの?」

と思うだけだろう。

外国では聴覚障害者といっても、
ろう者と難聴者はハッキリ区別し、
別々に存在感を放っているらしい。

そんな外国の聴覚障害者から見ると

「日本は曖昧になっている」

ということなのだろうか。
「世界的に珍しい」と言われる。
手話にしてもそうだろうし。
[PR]
by bunbun6610 | 2012-10-25 18:00 | バリア&バリアフリー
<< 手話・要約筆記通訳とは何か? アメリカの障害者社会保障制度改... >>