オステリア・ピノ・ジョーヴァネ -ランチタイムはいつも行列のイタリア料理店

オステリア・ピノ・ジョーヴァネ
東京都豊島区南池袋2-36-8


イタリア料理を出すお店には「カフェ・―」とか
「イル・―」「ラ・―」「オステリア・―」
「トラットリア・―」「リストランテ・―」などと、
いろいろな呼称がついています。

これらについて少し調べてみましたが、要するに

「リストランテ」⇒一定の格式を持つイタリアン・レストラン

「トラットリア」⇒イタリア風大衆食堂

「オステリア」⇒イタリア風居酒屋

というふうになるのでしょうか。
でも、イタリア料理をしている人に聞くと

「日本ではオステリアの名称のお店でも、
しっかりした料理を出しているお店もあるよ。
日本では、少し曖昧になっている」

と話していました。

今回はランチ・タイムに行ってみました。
ランチは1000円から。
(メニューから選ぶパスタにより、値段が異なる)
他にスペシャル・ランチ・メニューもあります。

一番安い1000円のコースは、本日のスープと
スパゲッティ(パスタ60gくらいありそう)に、
パン(フォカッチャ)、コーヒー付き。
コーヒーには、イタリアらしくてかわいい
アマレット風味(?)のマカロンもついています。

「この内容、ボリュームで、この味で1000円とは安過ぎる!」

 と思う!!

「これで事業として、やっていけるのかな?」

と思うくらい。


料理の味、値段だけでなく、サービスも心地よいほうです。
だからもう、かなりの満足度です。
もし外国ならばチップをたくさんもらっていてもおかしくないくらい、
良心的なお店だと思います。
間違いなく、オススメできるお店でしょう。

ランチ・タイムは1階だけの11席(テーブル席8名、カウンター3名)
でやっている場合もあるようで、満席になりやすいです。
でも、少し待っているとすぐ空くようです。

料理の写真撮影は禁止なので、
もう二度と当ブログで紹介することはないかもしれませんが。

そういう意味でも、安さと美味しさの割には、
写真付きブログなどによる情報もあまりないみたいで、
隠れ家的なお店になっているのかもしれません。

ということであるなら、当ブログの情報も貴重ですぞ!!

a0196876_20264024.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2012-10-06 18:30 | 食べ物

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610