聴覚障害者が著したホームページ

聴覚障害者が著したホームページ

 http://www.haru-aozora.com/index.html

 http://www.haru-aozora.com/tyoukakus.html


>「はっきりした事はわからないが、
僕はおそらく生まれた時から耳が聞こえない。」



私と同じだ。
いたのか、自分と同じように思っている聴覚障害者が。

だけど彼は


>「なぜ耳が聞こえなくて本当によかったと思うのか?
それは手話に出会えたからである。
そして石神井ろう学校という母校に出会えたから。」


と語っている。

彼にはろう学校で出会った友がいる。
私には誰もいない。

私は恩師と言える人には出会ったが、
その方はもう亡くなられていることだろう。

また、私は日本手話を完全には獲得できていない。
その点でも、日本手話だけでは不自由に感じることもある。


>「みんなからは

「なぜ聴覚障害者なのに口話ができるのか?」

とよく聞かれる。
そして文法や単語の意味など、どうやって身につけたのか?」



と書かれている部分がある。
私も同じことを、よく健聴者に聞かれる。

彼の場合、著したホームページを見ると手話の話しが長々と続くが、
彼は口話と日本手話の両方が使える。
つまり、手話と日本語の文法上の違いをきちんと認識し、
学習努力したということが大きいのだろうか。

それから、私とのもう一つの大きな共通点を見つけました。


>「なぜ文法ができたのか?
それは小さい頃から本を読むかのが好きだった。
学校の帰り、電車の中で教科書を読むほど好きだった。
その読書で独学として文法を覚えていき、
コミュニケーションが役に立ったのです。」



私も中学2年のとき、恩師の担任教師の勧めで、
本をよく読むようになりました。
それから人間として、伸び始めたのです。
言葉が人を真の人間へと導くのだと、
そんな体験をした今の自分にはわかります。

先生が初めて薦めてくれた本が、カバ園長が著した
上野動物園飼育日記のような本でした。


>「完璧にわかるわけじゃないので、
ほとんど予測してるといってもいい。」



これも共通している。
後で書きたいと思っていることなのだが、
私の特殊能力についてです。
私も聞くことに関しては予測能力を用いるほうです。

このブログ・カテゴリー『聴覚障害者就労後問題』では
しばしば、対話形式の記述が見られますが、
ほとんどが補聴器を通して曖昧にしか聞こえない音声からの、
私の予測能力による記述です。

ですから、ごく簡単な言葉に変えて書いています。
当然、忠実に書けているわけではありません。

しかしそれでも聴覚障害者のひとりとして、
現代社会の問題点を指摘する権利はある(※)
と思います。

(※)詳細は

『健聴者も聴覚障害者を理解しようとするには、
勇気が必要』
〔2012-02-07 22:54〕

を参照して下さい。



健聴者がこの能力を見て不思議がる、ということは、
特殊な聴覚障害者が持つ、特殊な能力と言っても
いいのかもしれません。

勿論、聴覚障害者にはいろいろな人がいます。
だから、誰もがこの能力を持てるわけではないようです。
特殊な環境で育ったことも影響していると思います。

彼は


>「日本語以上に美しい言語がある。
それは手話だと自分はそう思う。
手話には輝きがある。」



と語っています。
しかし、健聴者にはそう思わない人も多いことだろう。
その理由を、彼はろう者視点で、次のように語っています。


>「口話は口で話すから”言葉”が見えない。
手話は手で話すから”言葉”が見える。
つまり口で言った単語は音として捉えるから
見えない。

手話は手で話すから目に見える。
だから美しく見えるのだろう。」



手話で話すときに、まず相手同士でどうすると
思いますか?
それは、お互いに見つめ合うことから始まります。
それが手話コミュニケーションの基本原則だからです。

だから手話には、ごまかしがきかない、
とも言われています。
ウソも見破られるそうです。

そうやって使う手話ですから、健聴者が筆談をする
のと違って、ニュアンスも非常に細やかに伝わる
場合があるのです。

「美しく見える」というのは、そのせいではないかと
私は思いました。


最後に気づいたのですが、HPタイトルが驚いたことに、
当ブログと同じ意味を持つ『青空』。

かなり似ている人もいるんだなー。

HPの主旨も、私のブログと共通点もあります。


>「この はるHP、そして はる語録はあくまで
僕が経験した事を表現したもので美化してる
訳でも正論を書いている訳でもない…
はるイズムとして書きました。
僕は立派になろうとも偉くなろうとも思わない。
ただ、みんなにこの はるHPを見ていただけたらと…
何かを悩んでる人、何かを考えている人、
何かを探している人達にヒントや勇気に
なってくれたらという気持ちを込めて作りました。」



ちなみに、当ブログの主旨は、下記参照。

『ブログ・タイトルの意味 (1)』
〔2012-01-14 00:11〕


『ブログ・タイトルの意味 (2)』
〔2012-01-17 19:11〕

[PR]
by bunbun6610 | 2012-10-03 18:30 | ろう者世界

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610