現代の最新型補聴器の威力

健聴者の皆さんは、多くの聴覚障害者が使用している
耳掛け形補聴器のマイクはどこについているか、
ご存知でしょうか?

答えは上部のやや後方です。
実はこのマイクが、結構後ろからの音声を拾うのです。
特に後ろの騒音、雑音が少なくて、人の声だけがすると、
それを見事に拾ってくれます。

また、フォナックのFMワイヤレスシステムだと、
30メートル先ぐらいの視界から外れた位置にいても、
音声がプチプチと入る場合があります。
盗聴器と同じくらいの性能なのです。

ですから、健聴者が私をバカにしたことを喋っていて、
聞こえたことがあります。
私はこのことを上司に、具体的に報告しました。
それからは、その健聴者は少し大人しくなったような
気がします。

聴覚障害者だからと言って、聞こえないとは限って
いません。
意外にも、健聴者が自分の悪口を言っていると、
地獄耳みたいに敏感で、直感的にもわかるのです。
だから

「そういうことに限って、聞こえるのねぇ…(ため息)」

と言われたことがありますが、
まさしく、この聴覚障害って、こういうものなのです。
ですから健聴者の皆さんは、こういうことにならぬよう、
気をつけましょう。
[PR]
by bunbun6610 | 2012-06-19 20:50 | 補聴器、福祉機器等
<< 製菓道具の重要性 料理人志望の聴覚障害者の現実 >>