障害者運動

『哀れみはいらない―全米障害者運動の軌跡』(著者: ジョセフ・P. シャピロ /現代書館)

 →http://booklog.jp/users/miyamatsuoka/archives/4768434185

(参考)臼井久実子
 →http://www.yuki-enishi.com/guest/guest-020529-1.html


「『あらゆる障害者の運動』
自立(independence, self-sufficiency)、メインストリーミング(mainstreaming)、
社会問題としての障害者問題(disability as a social problem)。
PDSPはこれらの概念を中心に発展し、障害者権利運動の最先端を担った。
この過程に気づいたのは、あらゆる障害をもつ人たちが障害者の権利を求める
闘いを共有できるということだった。
それまで障害者は、どちらかといえば各障害者別にグループをつくってばらばらに
活動しがちで、共通の目的のために何かをするということはなかった。
バークレーのこのPDSPでさえ、「身体」障害者のために設立され、
車椅子利用者によって運営されていた。
しかし、プログラムがスタートすると、視覚障害者が援助を求めてきたりして、
たとえ障害が違おうとも、自立達成に関しては共通の意識や問題を抱えていると
わかった。
だからPDSPは、介助者紹介サービスに、視覚障害者のための代読者も入れる
ようになった。
もともとロバーツの研究は、コミュニティの組織化や連合の形成による政治力の
強化だったので、こうした事実から学ぶことは大きかった。」



=======================================

この本のタイトルには「全米障害者運動」が使われており、
例えばアメリカのろう運動も書かれています。
ギャローデット大学での、ろう学生主体によるボイコット事件も
書かれています。

私は昔、障害者運動には否定的でした。
自分の中で勝手に、反社会的な運動という
イメージが先行していたためか

「それは健常者との歩み寄りにならないから」

という漠然とした理由を持っていました。
でも、今は全く違う意志によって生きています。
今までの「歩み寄り」は、まだ本当の歩み寄り
ではなかった、と思うようになりました。

私が記憶に残っている日本の障害者運動で、
30年以上も昔の、車椅子障害者が国鉄の駅に
バリアフリーのためのエレベーター設置を求める
運動があります。

今でこそ、いたる駅にエレべーターが設置されていますが、
30年ほど昔は、まだなかったのです。
その頃では

「お金がかかり過ぎるから、エレベーターの設置は難しい」

という健常者の声が、あちこちで聞かれていました。
それで車椅子障害者は駅を利用できない、電車に乗れない、
という移動手段の制限を受けていました。

これでは車椅子障害者の就労にも影響します。
今でも障害者枠の求人票には

「自力通勤が可能な者」

とか

「車での通勤不可」

とかいう条件が多いのです。
これでは能力があっても、働かせてもらうことは難しかった、
と想像に難くありません。

それに抗議したのか、車椅子障害者が集団で無理矢理、
駅ホームに強行突入しようとした事件が起こりました。
制止する駅員の腕を振り払って、それでも入ろうとしている
雑誌写真を見た記憶があります。

しかし昔の私は

「そういう、ルールを守らない行為は良くない」

と当時は思っていました。

でも、今思うと「彼らは正しかった」と思います。
彼らの行動の背景を知らなかったその頃と、
知っている今とは行動の解釈が違っています。

車椅子障害者たちの運動によって今日では、
エレベーター設置は急速に進んでいますが、
どういうわけか車椅子障害者が利用している場面は、
未だ滅多に見かけません。
実際の利用者は健常者が、お年寄り、
妊婦の方、ベビーカー利用の方などが圧倒的に多い。
なぜなのでしょうか?

私は、この恩恵自体は公平だと思っています。
ただし、私も本当のところはわかりませんが、
これで果たして車椅子障害者たちの
問題は解決したのかと言うと、
違うのではないだろうか、と感じています。

もしかしたら、車椅子障害者たちの就労が
進んでいないのかもしれません。
何か理由があるのではないでしょうか。

しかし、それでもバリアフリー・エレベーター設置は
できたのです。
日本も車椅子障害者の運動の結果、いろいろな人が、
あのバリアフリー・エレベーターを利用できる世の中に
変わりました。
それには、車椅子障害者だけの益になるのではない、
ということが、ようやく認知されてきたからなのかも
しれませんが。

車椅子障害者は他にも、聴覚障害者への支援者として、
パソコン要約筆記や手話通訳をされている場面を
見たことがあります。
他の障害者と助け合う、そうした輪が徐々に
広がりつつあります。

聴覚障害者も、情報バリアフリーなど、
他の障害者と方法は違っても本質は同じ問題点を、
ともに解決していく輪を大きくしていくため、
力を合わせていけるといい、と思います。
[PR]
by bunbun6610 | 2012-05-26 17:44 | 哀れみはいらない

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610