ハローワーク求人票の「裏情報」に思うこと

当ブログ

『聴覚障害者にできない仕事』
〔2012-05-02 11:56〕

では、ハローワークの就職斡旋担当者から、
特定の障害者に対し、裏情報を説明する場合がある
ことを紹介しました。

ユニクロの場合は、なぜかハローワークの裏情報が、
新聞の報道と矛盾していました。

(当ブログ

 『合理的配慮と理解で、障害者の雇用促進を』
 〔2011-12-07 20:48〕

 を参照。)


それと、私は聴覚障害者なので、
その立場での裏情報を教えてくれることが、
今までに何度かありました。
他の障害者も、違う形で教えてくれている
のかもしれませんが。

これは果たして、聴覚障害者にとっても、
また障害者全体にとっても、
好ましいことなのでしょうか?

裏情報を生かして、障害者の就職活動の効率化を
図っているのかもしれません。
しかしこの方法には、障害者側から見て、
次のようなメリット、デメリットがあると思います。


【「聴覚障害者は難しい」と言われた場合のメリット】
聴覚障害者は自分の採否の見込みが大体わかるので、
難しいと分かっていれば無駄に応募しないで済む。
速やかに、他の会社の求人票を探すことに回れる。

一方、他の障害者は期待して応募し、殺到するかも?

企業側も、聴覚障害者を雇用したくないならば、
このシステムを利用して、
自社のニーズに合う障害者へ絞れる。


【「聴覚障害者は難しい」と言われた場合のデメリット】
こう言われると、聴覚障害者はその会社を
諦めてしまいやすい。
つまり聴覚障害者にとっては、
これが職域限定(自分たちのバリア)にもなってしまう。
また、この職域差別問題は表に出てこないので、
障害者就職問題として明らかにされず、
そういう意味では解決にも進まないのではないでしょうか。


【「聴覚障害者希望」と言われた場合のメリット】
今度は、聴覚障害者は期待して応募する。
企業側も、他の障害者よりも聴覚障害者を
雇用したいと思っている場合、
採用活動を相思相愛にできる。


【「聴覚障害者希望」と言われた場合のデメリット】
他の障害者のほうは諦めてしまいやすくなる。
つまり他の障害者にとっては、
これが職域の限定につながってしまう。
このようなハローワークのアドバイスは、
果たして全ての障害者への差別となるのか
配慮となるのか、疑問になる。
就労機会の公正さを欠くのではないだろうか。


こういうことについて、
障害者団体からは何も意見が出ていないようですが、
それは障害者団体も、
裏情報のことを全く知らないからだと思われます。

個人的に思うのですが、私は正直、
フェアな気がしないとは思います。

このことは障害者側が議論する価値はあると思います。
[PR]
by bunbun6610 | 2012-05-03 09:59 | 就労前の聴覚障害者問題A

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610