ブログトップ

蒼穹 -そうきゅう-

企業イメージを重視 求める人材を奪い合い

産経ニュース 【障害者就職事情】より。

 →http://sankei.jp.msn.com/life/news/120405/trd12040507440006-n1.htm

(1)企業イメージを重視
 求める人材を奪い合い


〔2012.4.5 07:41〕


「ぜひ面接でお会いできればと思います。
また、質問のある方は後方のブースにお越しください」

 3月12日、大手住宅メーカー「積水ハウス」
(大阪市北区)が東京都新宿区のビルで、
来春入社の新卒者向け会社説明会を実施した。
昨年に続き、2年連続の障害者採用のための説明会だ。

 集まった学生は約50人。
耳の不自由な学生のために、手話通訳者、要約筆記者
ら計3人が補助する。
2時間半にわたり、ユニバーサルデザインを重視した
住宅の設計思想、東日本大震災での災害対応などを紹介。
同社が求める人材と仕事内容を熱く説明した。

 上野義夫室長は

「来春は、今春実績の8人以上を採用したい。
合同面接会では学生に十分な説明ができない。
単独で説明会を開催し、うちの社を本気で希望する人材
に絞り込みたい」

と狙いを話す。


相思相愛の学生を
 障害者向け就職・転職情報サイト「ウェブ・サーナ」
(www.web-sana.com)などを運営するイフ(東京都港区)
の担当者によると、障害のある新卒学生を採用するため、
合同面接会に参加したり、単独で会社説明会を実施したり
する企業は年々増加傾向だ。

今春、積水ハウスに障害者採用枠で入社した埼玉県深谷市
の女性(22)は、心臓機能障害で3級の身体障害者手帳を持つ。

在学中は、一般枠、障害者枠合わせて60~70社にエントリー。

10社と面接し、3社から内定を受けた。
 女性は

「自宅に近い地元の中小企業が希望だった。
でも、障害について話をしたら反応が悪い。
(障害者の)採用実績のある大手企業の方が安心して
働けると思った」

と振り返る。

 「障害があっても、相思相愛の学生を採用したい」

という企業側の思いは、一般採用以上ともいわれる。

 ある企業の広報担当者は

「就職面接で学生から

『御社のCSR(企業の社会的責任)は』

という質問が増え、業績だけでなく社会への貢献度で
企業が選ばれる時代。
法令順守事項である障害者の法定雇用率
を達成していないのでは企業イメージに影響する」

と打ち明ける。



8年連続最高更新

 実際、大手企業の採用意欲は高い。
厚生労働省によると、昨年6月現在、雇用義務のある
従業員56人以上の企業で雇用しているとみなされる
障害者数は36万6199人で、8年連続過去最高を更新
した。
数年前から従業員500人以上の大企業を中心に
雇用者数が増えていることが一因だ。

結果新卒者の就職戦線では、ある程度の
配慮をすれば健常者と同様に働ける人材を複数の
企業が奪い合う状況が続く。


 福岡市内から上京し、都内で来春の就職に向けて
活動中の女子大生(21)は

「耳に障害があり、補聴器を使っている。
就職できるか不安だけど、障害者採用に積極的な企業
が多いようで安心した」

と笑顔で話した。(村島有紀)



 働ける年齢(18~65歳未満)で在宅の身体、
知的・精神障害者は約332万人。
このうち、企業で働く障害者は1割強にすぎない。

障害を持つ人の就職事情を追った。
 =次回は12日掲載予定



【用語解説】障害者の法定雇用率
 「障害者の雇用の促進等に関する法律」
(障害者雇用促進法)に基づいて決める。
現在の障害者の法定雇用率は民間企業では1.8%だが、
昨年6月の実雇用率は1.65%。
法定雇用率を満たした企業は45.3%と半数に届かず、
特に中小企業での雇用が進んでいない。
達成できない企業(201人以上)は「障害者雇用納付金」
として1人当たり月5万円を国に支払う。
改善しない場合は実名公表の罰則がある。





==========================




>「ある程度の配慮をすれば健常者と同様に働ける人材を
複数の企業が奪い合う状況が続く。」



なるほど。

要するに、ほとんどの企業の本音は

「なるべく障害の軽い人を採用したい」

わけだ。

私の場合もよく、ハローワークの担当者が

「補聴器をしていて、普通に話すことが出来ます」

と企業側に紹介しています。
すると、全ての企業側は応募を受け付けてくれます。

ただ、そうすると就労後に問題が起きるということまでは、
ハローワークも関知しませんが。

ハローワークでも、障害者の障害程度をわざと軽く偽る
ということが、障害者を就職させるためのテクニックにさえ、
なっているのです。

ハローワークも企業も法的雇用率達成しか、
考えていないのだろう。
これではいけない、と思う。

「こんなことが、いつまで続くのだろうか」

と思います。
[PR]
by bunbun6610 | 2012-04-12 19:21 | 就労前の聴覚障害者問題A