株式会社イヤホンガイドより、アンケートのお願い(結果)

アンケート結果だそうです。

=================================

【株式会社イヤホンガイドより、アンケートのお願い】

 現在、株式会社イヤホンガイドでは、
 国立劇場で字幕機の導入を予算化していただけるよう
 働きかけをしていますが、
 そのためには、「どれだけの要望があるか」という
 数値的な裏付けも必要だと言われています。

 アンケートフォームをご用意しましたので、
 ぜひ多くの聴こえない/聴こえにくい方々のご意見を
 お聞かせいただきますよう、よろしくお願いいたします。

 株式会社イヤホンガイド プロジェクト推進室
 浅野 恵 http://www.eg-gm.jp



-<結果等(2012.2.27受信)>---------------

***********************************
聴覚障害者向け字幕サービスについて
【アンケート調査結果】
2012年2月 株式会社イヤホンガイド

「字幕表示:G・マークシステム」
http://www.eg-gm.jp/g_mark/index.html
***********************************


【アンケート概要】
 実施形態/Webのアンケートフォームを利用
 実施期間/2011年12月16日~2012年月1月31日
 サンプル数/228件
 調査対象者/聴こえない・聴こえにくい方(一部親族による回答あり)
 (難聴者・途中失聴者協会、難聴児保護者会、人工内耳友の会等へ案内)


【居住地域(回答数の多い順)】
 関東、近畿、中部、四国、北海道、九州、中国、東北、無回答


【年代(回答数の多い順)】
 60代、50代、40代、70代、30代、10代、20代、無回答


【コミュニケーション手段(多い順)】
 1.文字情報
 2.その他複合:口話、人工内耳、磁気ループ、補聴器等
 3.日本語対応手話
 4.日本手話
 〃4.無回答


【演劇への興味】
 「好き」以外の理由は、
 ・音声が聞きとれない
 ・何を言っているのかわからないので退屈
 ・機会がないのではなく、
  行っても聴こえないと面白くないと思うから行かない。


【字幕機への興味】
 「お芝居の台詞が表示される字幕機を貸し出すサービスがあるとしたら、
  どう思いますか?」の問に対して、
 ほとんどの人が
 「ぜひ観劇したい、使ってみたい、観劇してみたい、機会が増えると思う」
 と回答。


【フリーコメント(抜粋)】

・難聴になる前は演劇が好きでよく出向いてましたが
 難聴で演者の声が聞き取れにくくなり大好きだった芝居を断念。
 お芝居は老若男女が楽しめますが、
 これらの人たちが高齢化することを考えると
 生の舞台に字幕をつけることは必要不可欠と思われます。
 観劇に出向くのは女性が男性よりも多いでしょう。
 そうすると女性トイレを男性トイレより多く設置しようと思うはず。
 それと同じで、客層の半数以上が40代以上となるなら、
 字幕つきは聴覚障害者以外にも利用の幅は広がります。
 是非検討してほしいです。

・お芝居も、まったくわからないので、あきらめていましたが、
 字幕サービスが始まったら、ぜひ楽しみたいです。
 今まであきらめていたので、こういった取り組みは
 とてもうれしく思います。実現しますように。

・舞台鑑賞を字幕機で体験済み。
 舞台を見たり手元の機械を見たり結構大変だが、聞こえないよりはいい。

・字幕機を使って観劇。わかりやすく楽しく、笑うこともできました。

・観て愉しいと言うことと、台詞がわかって愉しいと言うことの
 大きな差を埋めるのが字幕サービスだと思っています。
 技術的にとても無理というのなら諦めも付くが、
 できるのにしないというのは、
 聴覚障害者は芝居等は楽しまないでくれと言うことになります。

・中学生と小学生の聞こえにくい子どもを持つ母親です。
 学校から定期的に演劇鑑賞会などのお知らせをもらいますが、
 内容は良さそうだと思っても今まで申し込んだことはありません。
 子どもたちは字幕がないと劇の内容がわからないからです。
 歌舞伎などは特に初心者では「漢字」が見えることで
 内容が理解できることも多いと思います。
 また聞こえる人であっても字幕の補助が必要な方もいるかと思います。
 子どもたちの将来のためにも
 ぜひとも字幕機の普及を推進していただけたらありがたいです。


=================================
[PR]
by bunbun6610 | 2012-02-28 01:03 | 情報保障・通訳

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610