就労後の聴覚障害者問題C (2)

「アンネ・フランクは、1942年6月12日から1944年
8月1日まで、ずっと日記をつけていた。

1944年の春、ロンドンからのラジオ・オラーニェの
電波を通じて、オランダ亡命政権の文部大臣ボル
ケステインの放送を聞くまで、彼女は自分自身に
宛てた手紙というかたちで日記を書いていた。

この放送で大臣が語ったところによると、戦争が
終わったら、ドイツ占領下におけるオランダ国民
の苦しみを記録した手記、あるいは手紙等を集めて、
公開する予定だということだった。

この放送を聞いたアンネ・フランクは,自分も戦後に
本を出したいと考え、日記をその基礎資料として使う
ことに決めた。

そのため彼女は、それまでの日記を清書し、
内容に手を加え、文章を書きなおし、無駄だと思える
部分を削り、また自分の記憶にもとづいて、
必要な部分をつけたした。

と同時に、最初の日記もそのまま書き続けたが、
この日記の原形は、彼女自身が手を加えた二番め
の日記、bテキストと区別するため、aテキストと
名づけられ、”学術資料版”として、aとb両テキストを
対比するかたちで、1986年に初めて公刊された。」


「1942年6月12日
あなたになら、これまでだれにも打ち明けられなかった
ことを、なにもかもお話しできそうです。

どうかわたしのために、大きな心の支えと慰めになって
くださいね。」

(『アンネの日記 完全版』
〔アンネ・フランク/著,深町眞理子/訳〕
『この本について』より)

[PR]

by bunbun6610 | 2010-10-16 18:10 | C.クレジットカード会社
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line