聴覚障害者がAEDで困ったこと

聴覚障害者にとってユニバーサルデザインでなく、
困った物の典型的な例が、AEDではないでしょうか。

 →http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=101&agent=1&partner=Excite&name=AED%B9%D6%BD%AC%B2%F1&lang=euc&prop=1&bypass=0&dispconfig=&tblattr=1

防災訓練に手話通訳付きで参加する聴覚障害者も、
AEDの操作説明のときは皆、尻込みしてしまいます。

そんな非常時に使う大事なものだからこそ、
マニュアルも何もなくても、
すぐに誰でも使えるものが絶対に必要なのに…。

「一体何やってんだろうな、これを設計した人は」

と思ったくらいでした。

本当に「誰でも使えるように」という発想が
あったならば、聴覚障害者にも使えるAEDが
つくれたはず、だと思います。

「わざわざ」がつくユニバーサルデザインであろうと
なかろうと、関係なく必要なのが、この発想で
つくられるべきAEDだったのではないでしょうか。

AEDは、音声説明にしたがってやれば、
誰でも使えるようにできているようです。
しかし、聴覚障害者には、何が何だかさっぱり
分からないので、

「自分たちでは使えない」

と思われています。
ある消防士は、こう言いました。

「聴覚障害者の方は、健聴者を呼んできて下さい」

これを聞いた聴覚障害者の心理とはどんなもの
なのか、健聴者にはわかるまい。
疎外感と劣等感の気持ちでいっぱいだろう。
健聴者にはわからないことを証明しています。

夫婦で聴覚障害者である場合も多く、
もし連れにAEDをしなければならなくなっても、
それしかできないというのだろうか。

きっと、連れのそばを離れられないはずである。
連れだからこそ、自分が何とかしたいと思うに
違いない、と思う。

聴覚障害者はそんなことを考えながら、
その防災訓練の場で、疎外感を感じてしまいます。
やりきれない気持ちになるのです。

他には

「聴覚障害者は、やり方を覚えておくしか、
方法はありません」

と言われたこともあります。

しかし…です。
AEDのような、人の命を救う大事な道具なら、
音声ではなく手動式紙芝居
(勿論、防水加工品で、破れたりしないもの)
でも何でもいいから、
そんな誰にでもわかる誘導方法が採用されて
いれば、そんな問題なんて起きなかったと
思うのですが。

だから当ブログ
『六本木ヒルズ回転ドア事故』
でも同様のことを述べているような、
要するに設計者の聴覚障害者のことを考えて
いない想像力の欠如というか、
発想力が問題なのだと思います。

視覚障害者も使えるようにするためだという
のなら、音声も残せば、ユニバーサルデザイン
になると思うのですが。

もしも、聴覚障害者夫婦が、次のようなことに
なったとします。


妻;「あっ!」

夫;「ん! どうした?」

妻;「何か、急に胸が…苦しくなってきて」
(そして倒れこむ)

夫;「おい、どうした? しっかりしろ!」
(妻は倒れたまま、意識があるのかどうかも
わからない。
しかし、呼吸は今止まったばかりだ)

そこで、近くにあったAEDを見て、
これをやってみようとするが、
自分は耳が聞こえないので不安になる。
それでも、その機械を開けて、何度もボタン
を押してみた。
しかし、やり方がどうしてもわからず、
使えなかった。

近くにも人がいなくて、どうしたらよいのか
わからず、仕方なく妻を背負い、
病院まで運んだ。
しかし、間に合わず、妻は死んでしまった。)

病院は

「すぐにAEDで対処していれば、
助かった可能性はあったかも」

と話した。
それを後から知った夫は、ますます自分を
責めたくなった。

「耳が聞こえなくても、もっと早く、
自分がAEDの勉強をしておくべきだったんだ」

この後悔は生涯続くことになり、
耳が聞こえない人間に生まれたという運命も
呪うようになった。


もちろんこれは、私の勝手な創作です。
私もAEDの使い方を知らないまま書いている
ので、これはいい加減なのかもしれませんが。

でもまあ、(財)全日本ろうあ連盟創立60周年
記念映画

『ゆずり葉』

のAEDバージョンのようなストーリーです。
こういうことは実際に、起こる可能性は有り得る、
と思います。
「仕方がない」とは思わないでほしいです。
映画『ゆずり葉』の物語は昔、実際にあったこと
なのですから。





【追記】(2015年9月11日)

『聴覚障害者にも使用可能になったAED』
〔2015-03-30 07:57〕

[PR]
by bunbun6610 | 2011-12-05 21:03 | 医療バリア&バリアフリー


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(409)
(194)
(97)
(56)
(53)
(52)
(40)
(31)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(1)

ブログパーツ