情報保障は、自分も責任を持つもの

当ブログ

『高齢難聴者の自己喪失プロセス』(2011-12-01 20:40)

の手話・要約筆記通訳の利用データに関して、
考えてみたことがあります。

昨年と一昨年との比較では「ほぼ変わっていない」、
つまり伸びていないということになるのですが、
もっと長期的なデータがなければ、
これは何とも判断できないでしょう。

聴覚障害者協会(ろう協)に在籍している高齢ろう者の場合は、
手話通訳はもちろん必要なので、
自分たちの利用実績は変わっていない、と証言しています。

しかし、中年層のろう者になると、

「昔は筆談もしてくれなかったけど、
最近はどこでも筆談してもらえるようになった。
だから、今は手話通訳を呼んでいない」

という声も聞くようになりました。

若い人になると、この傾向はもっと顕著です。
若い人は「手話通訳は要らない」と言うだけでなく
「聴覚障害者団体にも入っていない」というろう者も結構います。

中年層の方では
「聴覚障害者団体には入っているが、活動していない」
という人も結構いて
「手話通訳は必要だけど、面倒だから依頼していない」
という話も聞きます。
幽霊会員の人に多いようです。
このままいくと、これから手話通訳の利用実績も
落ちてゆくのかもしれません。

私は病院で診察を受けるときは、
要約筆記通訳を利用する場合があります。

実はここでも、当ブログ

『通訳と筆談、筆記との違いについて』(2011-10-27 22:07)

で述べていたようなことが起きるのです。

今の医者は、たいていの人は筆談してくれます(東京での話です)。
ただ問題なのは、筆談の質量についてです。
それはハッキリ言って医者次第なので、個人差が大きいものです。

同じ医者にかかっていれば、
本来は筆談のほうが診察時間もかかってしまうはずなのに、
早く終わらせられてしまう、という経験もありました。

通訳者がいるとベラベラと喋る医者でも、
自分が筆談しなければならないとなると、
面倒なのだろうと思います。
コミュニケーションというのは、そういうものなのだと思います。

あるいは、別の医者によると

「大学病院は30分間に3人の患者を診なければならない、
というノルマがあって、筆談で時間を取られるのは大変厳しい」

と言っていました。
同じ大学病院の医者なのに、この矛盾した話はどういうことでしょうか。
ですから私は「多分、言い訳なのだろう」と疑問に思っています。
が、その医者は続けてこうも言いました。
「だから、通訳者を連れてきてくれたほうが、助かります」

と、こぼしていました。

当然ですが実際、通訳者がいるのといないのとでは、
患者の受ける情報量にも差が出てきます。
医者にも、あまり時間をかけて筆談ができない事情があるようです。

それに、通訳者がいたほうが、医者も患者との、
きめ細かな相談が可能になります。
通訳者を呼ぶのは面倒かもしれませんが、
それは患者のほうにメリットがあることです。

音声だと長い説明になる医者でも、筆談しなければならなくなると、
指示だけサッと書いて終わり、という経験もあります。

聴覚障害者のほうは、筆談のほうが早く済んだから

「やったー! これならもう、通訳なんか不要だ」

と思って喜んでいるかもしれませんが。

通訳をつけたときと、つけなかったときとを比較したことのある、
自分の経験で知ったことです。

情報保障を何でも健聴者任せにしていて、
それをバカみたいにありがたがっていたら、
時には、そんなことも知らずにソンすることだってあると思います。

「頼まないのは、面倒だからではない」のはいいとしても、
健聴者の親切にも限度はあります。
親切に甘えた結果、情報格差を受けることだってある、
ということは、一応肝に銘じておきたいものです。

私はいつも通訳をつけている、というわけではありませんが、
大事なときにはやはり、通訳を依頼しています。

a0196876_21102497.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2011-12-01 21:12 | 情報保障・通訳


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(410)
(195)
(97)
(56)
(53)
(52)
(40)
(31)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(1)

ブログパーツ