東電の原発は核兵器と同じだ

福島原発事故の影響は、目には見えにくいものですが、
やはり確実に、多方面に現れています。

当地での避難や、賠償金というコストだけでなく、
海産物や農産物の放射能汚染、風評被害、そして雇用にいたるまで、
「どこまで続くのだろう」と心配になってきます。

でも何といっても深刻なのは、人々の生活が変わってしまったことです。
人生を大きく左右してしまうほどに。
これが一番、障害者の自分も「ダメージになるのではないか」と
気にしているところです。

そうした不安が、日本列島を覆いつくしているのは、
もう誰もが認めているのではないでしょうか。

「がんばろう日本!」という掛け声も、空しくなってくるのです。

消費者は「汚染牛肉を買わなければ済むこと」と思うかもしれませんが、
実際はそれ以上に大きな被害が広がっています。

牛肉価格の暴落により、生産者は収入減となり、結局は税金から補償するしかありません。
廃業、失業してしまう人もいて、そうした人への生活保護費用も増加しています。

米の場合は、日本人の主食であるため、逆に値上がりが予想されます。
米不足も予想されます。
そうすると、庶民にとっては、非常に苦しい生活になります。

これも、原発のコストだったのか、としかも事故が起きたときになって、
いっぺんにその世代にツケがくるのかと、気づかされます。


東電は事故原因を自然災害と主張しましたが、それはおかしい。
自然災害は、人間に対して、いつか必ずふりかかるもの。
それが想定外だったとしても、最終的に人間が原発事故の被害を、
最小限で安全なレベルに抑えることができないようならば、
決して平和利用とは言えないのではないだろうか?

日本は、それをやってしまったのです。

極言するなら、兵器と何ら変わりない、と私は思います。


当ブログのカテゴリー『六本木ヒルズ回転ドア事故』に、
このドアに関わった人間の傲慢を暴く記事を載せていますが、
それと同じことだったと思います。

後になって思えば、あれは、ただの殺人ドアでした。
安全を二の時、三の次にして、営業利益や見栄えを最優先したものでした。

その責任は大人の人間であって、
「想定外の行動をとった」子供ではありません。

想定外があってもやむをえないのは、人知を超えた存在、
自然災害であって、人間がつくったものに対しても、想定外を設けたら、
自分たちを破滅させることになる。
想像力の欠如が悲劇をもたらしていることは、障害者でさえ知っています。

兵器の形をしていないからといって、平和利用だと思っている人間は、
愚か者と同じです。

利己的な目的達成を優先した公共事業は、凶器と変わりありません。
核の平和利用としての公共事業、という名に化けた兵器を造ったことと、同じなのです。
被害は直接にでなくとも、間接になっており、結果がそれと同じだったのだから。

名前が「原発」だろうが「兵器」だろうが、どっちも同じことです。
核そのものの平和利用が悪いとは言えませんが、
利用のしかたを誤っていたと思います。

a0196876_21274370.jpg

[PR]

by bunbun6610 | 2011-08-10 21:46 | 原発問題
line

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610
line