ラ・パティスリー・イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ

東京には多くのフランス菓子の有名シェフが
集まっています。

鎧塚俊彦、高木康政、青木定治、辻口博啓、…。

本場フランスで世界的な評価を得た人たちです。


 →http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/shop/index.htm

 →http://takagiyasumasa.blog134.fc2.com/

 →http://www.sadaharuaoki.jp/top.html

 →http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=101&agent=1&partner=Excite&name=%A5%E2%A5%F3%A5%B5%A5%F3%A5%AF%A5%EC%A1%BC%A5%EB&lang=euc&prop=500&bypass=0&dispconfig=


しかし、日本人で最初に、フランス製菓協会より
金メダルを授与されたフランス菓子職人は誰か、
ご存知でしょうか?

それは『ラ・パティスリー・イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ』
のオーナーシェフ・弓田亨氏です。

 →http://ilpleut.co.jp/

店名が非常に長いので「イル・プルー」の名で親しまれてきました。
その名の意味は「セーヌ川に雨は降る」で、
オーナーシェフが自らのフランス修業の記憶から、
命名しました。

 →http://ilpleut.co.jp/yumita/name.html



弓田氏は、福岡の『フランス菓子16区』のオーナーシェフ
・三嶋隆夫氏とも、フランス修業時代からの友人です。

 →http://www.16ku.jp/

また、弓田氏が修業したパリの『ジャン・ミエ』のシェフ
・ドゥニ・リュッフェル氏とも、今では「友人」の間柄です。

 →http://lechantier.exblog.jp/9511953/

 →http://www.ilpleut.co.jp/ecole-dunis/menu.html

私もフランス旅行のとき、パリのあちこちのお菓子を
食べたのですが、その中で「おいしい」と思ったのは
ジャン・ミエだけでした。

他の店の菓子はとにかく甘過ぎるだけ、
というのが多かったと思います。

ドゥニさんもおそらく、最初は弟子であった弓田氏の
技量を十分に認めており、彼のつくるフランス菓子に、
かなりの影響を受けているのだと思われます。

私が最初にイル・プルーのフランス菓子を食べたのは、
お店が代々木上原のあった頃で、
20年以上前でした。
今のような美しいデザインのフランス菓子とは全く別で

「これが600円、700円もするのかぁ!」

と驚いたものです。

今でこそ、そんな値段のつくフランス菓子はあちこちで
見かけますが、当時は本当に珍しかったのです。
けれども、それを食べたときの驚きは、
もっと大きなものでした。

そこまで立体的な味を表現したフランス菓子は、
イル・プルー以外にはありませんでした。
今でもそうかもしれません。

味の立体的表現とは何でしょうか。
それは、私が考えるには

 ①舌に直接感じる味(甘味、酸味、渋味、辛味)

 ②テクスチャー(食感)

 ③香り

の3つの調和です。

テクスチャーや、その香り自体もまた、
立体的でした。
特に、コントラストという、
対比効果が素晴らしかったです。


下のブログの方は、私と全く関係はなく、
知らないのですが、イル・プルーと関係のある方
(教室の生徒、アシスタント、師範のいずれか)
かもしれません。

 →http://rinseasy.exblog.jp/

ろう者、難聴者も、こんなフランス菓子を自分で
やってみたいと思いませんか?
ここの製菓技法は化学的なので、耳が聴こえなくても、
体得することは可能です。
弓田氏の開発したルセットゥの通りにやれば、
誰でもこのフランス菓子が作れるのです。

化学とイマジナスィオン、この二つの融合が、
フランス菓子の世界なのです。

ここでフランス菓子を学び、働きながら
(それは別の店でも構わない)、
将来に自分のお店を持つのもいいし、
教室を開くのもいいかもしれません。

「耳が聴こえないから」で簡単に諦めず、
挑戦してみては?
ここで勉強するからには

「耳が聴こえないから、できない」

は言い訳にならないと思いますし、
教室なら相談にも乗ってくれると思います
(多分ですが、アシスタントがいるので)。

教室では、ハンドミキサーでフランス菓子を
つくります。
生徒さんは、日本全国からやってきます
(東京に宿泊する人もいます)。
無料見学もあります。
オリジナルのフランス菓子専門書も販売されています。

a0196876_21475111.jpg


a0196876_21455650.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2011-07-15 21:36 | sweet


ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

カテゴリ

全体
はじめての方へ
街風景
自然風景
祭典
動物
食べ物
食べ物(ラーメン)
食べ物(カレー)
sweet
製菓の話
お酒
観光(北海道)
観光(関東)
観光(四国)
観光(中国)
観光(九州)


薔薇
紫陽花
聴覚障害
聴覚障害者心理
ろう者世界
難聴・中途失聴
難聴の記憶
手話
コミュニケーション能力
手話言語法
補聴器、福祉機器等
情報保障・通訳
情報保障・通訳(就労)
情報保障(テレビ字幕)
国連・障害者権利条約
社会
人権、差別
障害者問題・差別
原発問題
六本木ヒルズ回転ドア事故
バリア&バリアフリー
医療バリア&バリアフリー
障害者の経済学
運転免許制度への疑問
哀れみはいらない
だいじょうぶ3組
NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
就職活動・離職
就労前の聴覚障害者問題A
就労後の聴覚障害者問題B
C.クレジットカード会社
D.伊レストラン
E.大手カー・ディーラー
F.最大手パチンコ店
G.順天堂
就労後の聴覚障害者問題H
M.大手ディベロッパー
R.五つ星ホテル
Z1.クレジットカード会社
職場の回想録
ブラック企業と障害者雇用
聴覚障害者版サムハル
Eテレ『バリバラ』
生活保護を考える
年金・無年金障害者の問題
人気記事(再掲)
雑談
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

フォロー中のブログ

おばば奇譚
ボーダーコリー モリーが行く!
但馬・写真日和
九州ロマンチック街道
東京雑派  TOKYO ...
大目に見てよ
Photo Galler...
おっちゃんの気まぐれ絵日記
松浦貴広のねんきんブログ
qoo's life
poiyoの野鳥を探しに

検索

タグ

(411)
(196)
(97)
(56)
(53)
(52)
(40)
(31)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(1)

ブログパーツ