蒼穹 -そうきゅう- bunbun6610.exblog.jp

ある聴覚障害者から見た世界


by bunbun6610

会社の飲み会にも通訳者は派遣できる

会社の飲み会に、自分のための通訳者を
依頼することはできるでしょうか?

サラリーマン、OL生活では、新年会、新人歓迎会、
歓迎会、送別会、忘年会など、いろいろな飲み会が
あります。
そこでのお付き合いも、仕事の一部と考えうる場合
もあり、そうでなくとも交流は職場での円滑な
コミュニケーション、チームワークに欠かせません。
皆さんはどうしていますか?

私の場合は、今はすっかり諦めています。
疲れるし、自分の性に合わないことをやってもしょうがない、
と思ったからです。
通訳がつかないからではありません。
通訳がついてもなお、いろいろな問題が付随して
しまうケースもあります。

でも、こんな私にも、一生懸命に努力してみた時期も
ありました。
その頃の、よい経験をお話ししてみましょう。

これは、手話通訳者の無料派遣が認めてもらえた
実例です。


久しく不参加としていた忘年会に、手話通訳者を伴って
参加したい旨を、会社の何人かの人に伝えてみました。
過去にもメールで、話を持ちかけたことはありましたが、
返事はありませんでした。
しかしそのときは、聞いてくれていました。
さすがに会社で費用負担するとまでは、
言いませんでしたが…。



=============================



T様(人事部の聴覚障害者)
(「Tさんが親睦会相談窓口だ」と言われましたので、
最初はTさんと相談を始めることにします)


忘年会シーズンが近づいてきましたが、
数年前から私は遠慮しています。
遠慮する理由は、私は筆談以外に、周囲の人との
コミュニケーションが難しいからです。
そこで、

「親睦会に給与から天引きされているのだから、
通訳費を親睦会が負担し、
通訳を用意することはできないのか」

という意見を以前に、提案しようと思ったことが
あります。
詳しい文書をO部長(人事部)、M部長、M課長に
送ったと思います。

三者からの返事は無かったと、記憶しています。

ではこの点について、親睦会代表者はどのように
お考えなのでしょうか、
お聞かせ下さい。

Bunbun(私)



=============================



Bunbun 様

下記の件、親睦会が負担して手話通訳者を呼びたい
ということですが、私ひとりでは決められないことであり、
むやみに回答できませんので
まず上長と相談してから回答させて頂きたいと思います。
ですので、お待ちください。


私の意見ですが、確かに聴覚障害を持つ方が、
周囲の方々とのコミュニケーションは難しいと思います。

しかも障害の程度によってコミュニケーション方法も
異なってきますので、一人ひとりの障害の程度を把握
しなければならないというのが現状です。

ですが、自分の事を把握してもらうには、
自分から動いていくしかないのではないかと思います。
現に手話や指文字を覚えてくださっている方も
いらっしゃいますし、
ゆっくり口を動かして話しかけてくださる方も
いらっしゃいます。

コミュニケーションが円滑になっているとは言えませんが、
皆さんも筆談など、やってくださってるので手話通訳者を
呼ぶ必要ないと思っております。
考え方は人それぞれだと思います。
私の意見は、以上です。
よろしくお願いいたします。

人事部 T



=============================




最近はどこの会社でも、「通訳者は要らない」と主張する
若い聴覚障害者が増えています。
(聴覚障害者同士で意見が割れ、本来なら通訳が必要な場合
でも通訳者派遣を拒否されてしまうケースが増えてきました。)

この回答文を読むと、一人の聴覚障害者の個人的意見を
書いているだけだとわかったので、
私は会社の考えを聞いたことになっていません。
そこで、別の人へ次のメールを出すことにしました。




=============================



人事部 OK様

私はここ数年、不参加でしたが、他の会社の例では、
忘年会に通訳者を伴って参加していることも
あるそうです。
ただ、費用負担の在り方とか、実際にどのようにして
通訳が可能なのかまでは、聞いたことがない
のでわかりません。
もしも、公的派遣が認められれば、無料だと思います。
(条件は、コミュニケーション支援事業に該当するか
どうかなので)
ただし、この相談には主催者の通訳者派遣についての
回答が必要です。
主催者に要望もしないのに派遣元へ相談しても、
応じてはもらえません。

Bunbun



=============================




さらに、親睦会従業員代表者のAさんへも、相談してみました。



=============================



A 様

聴覚障害に伴う、親睦会に対しての意見があります。
人事とも、相談中ですが、もしよろしければ従業員側として
どう思われるのか、お聞きしたいと思っています。

Bunbun




=============================




OKさんから回答がありました。


=============================



Bunbun 様

忘年会への通訳派遣の件、進めましょう。
OO君に調整を依頼しましたので、相談してください。
公的派遣として認められればと期待しています。

人事部 OK



=============================





結局、会社の対応は自発的に費用負担はしないが、
通訳者同行は構わない、という回答でした。

私は

「親睦会は、この文書にある意見を検討し、
責任を持って回答をしていただけないでしょうか?」

と、さらに聞いてみました。

しかし親睦会からは回答無しでした。
(会社だと従業員立場の親睦会でも、これが当たり前)

でも結局、派遣センターから公費負担により、
手話通訳者を派遣してもらえました。

ここでせっかくですから、皆さんにも是非、
次のことを考えていただきましょう。

なぜ会社は通訳者同行を認め、派遣センターも無料派遣を
認めたと思いますか?

聴覚障害者対象の通訳者ならば、これは当然解ける問題
ですよね。

a0196876_23574285.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2011-07-12 00:01 | 情報保障・通訳(就労)