『旧相馬邸』(北海道函館市)


 →http://www.soumatei.com/


ここは聴覚障害者バリアフリー観光名所です。
といっても、それがわかるように掲示してある
わけではありません。

障害者だからといって入館料割引はなく、
皆500円を払います。
でも、他のお客様と同じように、「同質・同等」の
ガイドのサービスをしてくれました。

どうやって?
そこがバリアフリーだったのです。

別に立派な機器とかはありません。
すぐに紙とペンを持ってきて、40分間ほど、
丁寧に案内・説明してくれました。
驚いたのはこっちの方です。

もしかして、以前にも時々、耳の聞こえない
観光客が訪れていて、その対応にも慣れて
いたのかもしれません。
とにかくこの時は

「いい旅をさせてもらったな」

と思ったものです。

相馬哲平氏は、北海道屈指の豪商として
知られていますが、社会貢献もよくしたそうです。
もしかしたら、その流れを汲んでいるのかも
しれません。

 →http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/soumu/hensan/jimbutsu_ver1.0/b_jimbutsu/soma_teppe.htm


相馬色は緑で、この邸宅の屋根のほとんどが
(瓦以外)緑色です。
道理で、人にやさしい感じがするではありませんか。


a0196876_22153912.jpg


a0196876_22155172.jpg


a0196876_2216445.jpg


a0196876_22161649.jpg


a0196876_2216283.jpg


a0196876_22164151.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2011-05-25 22:18 | 観光(北海道)
<< 遅れている、聴覚障害者への就労支援 六本木ヒルズのバリアフリー化 ... >>