ニッカウヰスキー余市蒸留所(北海道余市)


ニッカウヰスキー発祥の地です。

ここ余市蒸留所は1934年、竹鶴政孝によりニッカ
ウヰスキー第一の蒸留所として建設されました。

 →http://www.nikka.com/reason/introduction/yoichi/index.html

余市駅の正面玄関からは、工場がすぐ近くに
見えます。
入口で受付を済ませて、工場敷地内に入ると、
スコットランドの地に踏み入れたような景観が
広がります。
歴史的建造物が数多く残る、日本最初の
ウイスキー工場です。

予約なしで、いつでも自由に見学できますが、
1時間おきにガイド付きツアーも実施しています。
見学パターンは、まず待合室の中を軽く観て
トイレを済ませた後、ウイスキー工場の見学に
入ります。
ここでウイスキーの製造工程が目で観ながら
わかるのですが、長いので次のトイレは最後
までありません。
ですから、トイレは最初に忘れずに済ませて
おくといいです。

今でも

「こんな古い製法を守り続けて、
ウイスキーをつくっているのか」

と、その色あせぬ建物とともに、
びっくりします。
それとやはり、創業者竹鶴政孝とリタとの
情熱的な恋愛物語にも、心打たれます。

さらに、ウイスキーの試飲コーナーも有料と
無料の両方があります。
私は無料3種類の他に、有料3種類も試飲
してみました。
その中から選んで買ったのが

『原酒25年(シングルカスクウイスキー、
余市工場限定販売)』

でした。
このウイスキーの試飲は700円(15cc)です。

これだけで、あるいは下の写真のおつまみを
ポリポリ食べながら、飲んでもいいと思います。
それともう一つ、ウイスキーはコーヒーのケーキ
とも、意外と合います。

香りに丸み、やわらかさがあり、持続時間が
比較的長いこと、味は辛味が抑えられている
のが特徴かな、と思います。

やはりウイスキーも熟成年数が長いものほど、
香りはふくらみが出てきます。

余市はこの工場の他に、ワイン工場や温泉も
ありますから、ここでのんびり一泊して、
次の観光地へ向かうのもいいんじゃないか、
と思います。

a0196876_2245350.jpg


a0196876_22451592.jpg


a0196876_22453354.jpg


a0196876_22455023.jpg


旧竹鶴邸です。

a0196876_2246468.jpg


a0196876_224631100.jpg


a0196876_22464998.jpg


a0196876_2247293.jpg


『原酒 25年』 高いですが、いいですよ~、これは。
余市蒸留所限定ウイスキーです。

a0196876_22471542.jpg


ビール、ウイスキーのおつまみにピッタリです。

a0196876_22472956.jpg

[PR]
by bunbun6610 | 2011-05-19 22:55 | 観光(北海道)
<< 障害者のニーズと合致する福祉へ 中途失聴・難聴者の求職活動での問題点 >>